CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
演者・池永英介の日常&非日常メモ
<< ワルダクミノヒロバ 受付と会場についてのお知らせ | main | 近況報告と各種お知らせ >>
ワルダクミノヒロバを終えて
去る5月14日、初の主催イベント「ワルダクミノヒロバ」が無事に終演しました。

結論から言うと、本当にやってよかったと思えました。
共演者にも、スタッフにも、集まってくださったお客様にも感謝の言葉しかありません。
終わって数日、いまだに幸せを噛み締めているわけですが、ちょっと振り返ってみようかと思います。

そもそも主催のイベントはずっとやってみたかったことのひとつではあったのですが、スケジュールの都合と踏ん切りがつかずにいました。
この僕がイベントなんておこがましいとずっと思っていました。

基本的に臆病な僕ですが、
応援してくださる皆様が根気強く待っていてくださること、
背中を押し続けてくれていること、
先例を示してくれた友人の背中、
自分の今後のスケジュールなどを見て今年に入ってようやく決心。会場を探しはじめました。

うまくいくかはわからない。
楽しんでもらえないかもしれない。
自分が主催である以上、全ては自分の責任。
勇気は要りましたが、「身の程を知ろう」という思いもありました。


結果は僕の想像を大きく越えていました。
思っていたよりもずっと多くの方が駆けつけてくれて、むしろ席が足りずに入場をお断りした方々も多くいらっしゃいました。
僕が認識しているよりもたくさんの方が僕を支えてくれている。本当に嬉しくてたまりませんでした。




第1部「カイドク」にて。
のんきに歌う首謀者と、共謀者の高地真吾くんと近藤樹里子ちゃん。
しんごくんは謎解きを全部作ってくれたし上にギターを弾かせて歌も歌わせたので、第1部で確実に一番大変だった人。
きりこちゃんは打ち合わせが進むごとに増えていく曲数に嫌な顔ひとつせず対応してくれて、大変だったに違いない人。
二人に声をかけてよかったし、本当に頭が上がりません。


第2部と第3部の合間に。
第2部「コトノハ」ゲストの石井由多加くんと第3部「センリツ」ゲストの都倉伶奈さん。

ゲストの二人とは人狼TLPTで数えきれないほど共演をしていていて、
その都度仲間だったり敵だったりたくさんの物語を紡いできた仲。
でも、そういえばメイソンとガッツリ台詞を合わせたことってなかった。
キャシーと歌ったことってなかった。
やってみたい!!!
というのが二人に声をかけた理由。
第2部の朗読「死神」も、第3部のデュエットも本当に楽しかったー。
記録用に録っておけばよかったなぁ。

もう一人忘れちゃいけないのが、

たまたま遊びについてきたら撮影を手伝ってくれた渡邊隆義くん。
いてくれて本当に助かった。ありがとう。


企画して、
会場を探して、押さえて、
人を探して、押さえて、
内容を考えて、台本を書いて、
ロゴを作って、
必要なものを調達して、
練習して…

舞台演劇でこそなかったけど、久しぶりにこれだけいろんなことを自分で賄いました。
手作り感も良し悪しだけど、たまにはこういうのも楽しい。
そして何より楽しいのは、いつも応援してくださっている皆様と直に接して触れ合えること。お客さん一人一人の顔をちゃんと見られること。
この数年で演劇に対する僕のスタンスは少し変わったけれど、その部分は変わらないみたい。
というか、よりいっそうお客さんとの触れ合いが大切に感じられるようになったような。

ゲームに、朗読に、歌。
僕がやりたいことをひたすら詰め込んだ一日。
おかげで僕は物凄く楽しかったわけですが、それが皆さんにも楽しい事だったならそれ以上の喜びはありません。
そしてそれを楽しいと感じてくれる方がたくさんいらっしゃれば、またあのヒロバに集まれるかもしれません。
そんな日を夢見つつ、目前に迫った殺し合いの日々に臨みたいと思います。



改めまして…
キャスト、スタッフ含めた共謀者のみんな。
ヒロバに集まってくれた皆様と、
集まろうとしてくれたのに叶わなかった皆様。
関わってくださった全ての方に最大限の感謝を!
本当にありがとうございました!!
| 非日常 | 21:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |