CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
演者・池永英介の日常&非日常メモ
☆主催イベントのお知らせ☆

5月に開催しました主催イベント「ワルダクミノヒロバ」。



お陰様で好評をいただき、「もう一度!」という声もたくさん寄せていただきました。



僕としてもとても幸せな時間でしたので、ぜひまた開催したい!



 



 



 



ということで、またやります!!



 



 



池永英介主催イベント
「ワルダクミノヒロバ」



池永英介とゲストでお送りするトークと「ナニカ」のイベント。
皆様に楽しんでいただくワルダクミをたくさん詰め込んだ各90分!
終演後には、ツーショットチェキの撮影会も行います。



 



 



♪会場♪
Studio K studio3
東京都杉並区高円寺南4-39-17
http://www.kobayashi-yk.com/html/studio-k/tizu.html



 



 



♪日時・出演者♪
2016年11月23日(水・祝)



 



第1部「カイドク」
11時開演 定員42名
出演:池永英介 / 高地真吾 近藤樹里子



 



 第2部「コトノハ」
15時開演 定員70名
 出演:池永英介 / 高地真吾 近藤樹里子 / 澤田拓郎



 



第3部「センリツ」
19時開演 定員70名
出演:池永英介 / 高地真吾 近藤樹里子 / 中村裕香里



 



 



♪料金♪
入場料 各部3,000円
ツーショットチェキ 1,000円



入場料は当日精算となります。
第1部〜第3部全てご参加のお客様には、特典をご用意いたします。
ツーショットチェキ券は、開演前と終演後に受付にて販売いたします。



 



各部の内容の詳細や特典の内容、ご予約開始の日時と方法などは続報をお待ちください!



 



 



 



前回から半年という間隔が長いのか短いのかわかりませんが、



また皆様とヒロバに集まれることを楽しみにしております!!


| 非日常 | 13:16 | comments(0) | - |
ワルダクミノヒロバを終えて
去る5月14日、初の主催イベント「ワルダクミノヒロバ」が無事に終演しました。

結論から言うと、本当にやってよかったと思えました。
共演者にも、スタッフにも、集まってくださったお客様にも感謝の言葉しかありません。
終わって数日、いまだに幸せを噛み締めているわけですが、ちょっと振り返ってみようかと思います。

そもそも主催のイベントはずっとやってみたかったことのひとつではあったのですが、スケジュールの都合と踏ん切りがつかずにいました。
この僕がイベントなんておこがましいとずっと思っていました。

基本的に臆病な僕ですが、
応援してくださる皆様が根気強く待っていてくださること、
背中を押し続けてくれていること、
先例を示してくれた友人の背中、
自分の今後のスケジュールなどを見て今年に入ってようやく決心。会場を探しはじめました。

うまくいくかはわからない。
楽しんでもらえないかもしれない。
自分が主催である以上、全ては自分の責任。
勇気は要りましたが、「身の程を知ろう」という思いもありました。


結果は僕の想像を大きく越えていました。
思っていたよりもずっと多くの方が駆けつけてくれて、むしろ席が足りずに入場をお断りした方々も多くいらっしゃいました。
僕が認識しているよりもたくさんの方が僕を支えてくれている。本当に嬉しくてたまりませんでした。




第1部「カイドク」にて。
のんきに歌う首謀者と、共謀者の高地真吾くんと近藤樹里子ちゃん。
しんごくんは謎解きを全部作ってくれたし上にギターを弾かせて歌も歌わせたので、第1部で確実に一番大変だった人。
きりこちゃんは打ち合わせが進むごとに増えていく曲数に嫌な顔ひとつせず対応してくれて、大変だったに違いない人。
二人に声をかけてよかったし、本当に頭が上がりません。


第2部と第3部の合間に。
第2部「コトノハ」ゲストの石井由多加くんと第3部「センリツ」ゲストの都倉伶奈さん。

ゲストの二人とは人狼TLPTで数えきれないほど共演をしていていて、
その都度仲間だったり敵だったりたくさんの物語を紡いできた仲。
でも、そういえばメイソンとガッツリ台詞を合わせたことってなかった。
キャシーと歌ったことってなかった。
やってみたい!!!
というのが二人に声をかけた理由。
第2部の朗読「死神」も、第3部のデュエットも本当に楽しかったー。
記録用に録っておけばよかったなぁ。

もう一人忘れちゃいけないのが、

たまたま遊びについてきたら撮影を手伝ってくれた渡邊隆義くん。
いてくれて本当に助かった。ありがとう。


企画して、
会場を探して、押さえて、
人を探して、押さえて、
内容を考えて、台本を書いて、
ロゴを作って、
必要なものを調達して、
練習して…

舞台演劇でこそなかったけど、久しぶりにこれだけいろんなことを自分で賄いました。
手作り感も良し悪しだけど、たまにはこういうのも楽しい。
そして何より楽しいのは、いつも応援してくださっている皆様と直に接して触れ合えること。お客さん一人一人の顔をちゃんと見られること。
この数年で演劇に対する僕のスタンスは少し変わったけれど、その部分は変わらないみたい。
というか、よりいっそうお客さんとの触れ合いが大切に感じられるようになったような。

ゲームに、朗読に、歌。
僕がやりたいことをひたすら詰め込んだ一日。
おかげで僕は物凄く楽しかったわけですが、それが皆さんにも楽しい事だったならそれ以上の喜びはありません。
そしてそれを楽しいと感じてくれる方がたくさんいらっしゃれば、またあのヒロバに集まれるかもしれません。
そんな日を夢見つつ、目前に迫った殺し合いの日々に臨みたいと思います。



改めまして…
キャスト、スタッフ含めた共謀者のみんな。
ヒロバに集まってくれた皆様と、
集まろうとしてくれたのに叶わなかった皆様。
関わってくださった全ての方に最大限の感謝を!
本当にありがとうございました!!
| 非日常 | 21:57 | comments(0) | - |
ワルダクミノヒロバ 受付と会場についてのお知らせ
主催イベント、ワルダクミノヒロバまであと一週間。
受付と会場についてのお知らせをさせていただきます。


受付開始及び開場は、各回開演の30分前からになります。
受付にてご予約のお名前をお伝えいただきご精算ください。
通し参加のお客様は、第1部「カイドク」のご入場時に第2部・第3部の分もご精算いただけます。
三部分全てのご精算が確認できた時点で、通し特典と通しパスをお渡しいたします。第2部以降はパスのご提示にてご入場いただけます。
通し参加でない複数回参加のお客様は、ご面倒ですがその都度ご精算をお願い致します。

会場は土足禁止ですので、靴を脱いでのご入場となります。
靴棚の数が限られておりますので、簡易ではありますが下足用の袋を用意させていただきます。
また、室内履きはこちらで用意しておりませんのでご了承ください。
また、第2部「コトノハ」と第3部「センリツ」では前方を桟敷席とさせていただきます。

終演後はご退場時間と並行してツーショットチェキ撮影を行います。
チェキ撮影はチェキ券の購入順にお呼び致しますが、円滑な進行のため順番を前後させていただく場合がございます。
また会場設営の関係上、複数回ご参加のお客様も一度退出をしていただき、次の回の開場時間にお戻りいただきますようご協力お願いいたします。


以上です。
各種お問い合わせやご連絡は、
warudakumi.no.mail@gmail.com
まで!
| 非日常 | 21:08 | comments(0) | - |
ワルダクミノヒロバ ご来場予約について
5月14日「ワルダクミノヒロバ」ご予約についてのご案内です。

イベント概要についてはこちら
各部概要についてはこちらをご参照ください。

入場料は全て当日精算となります。
4月14日19時に予約フォームを公開する予定でしたが、諸般の都合によりメールでの予約受付に変更させていただきます
また19時を予定していた予約開始時間を、18時からに変更させていただきます
直前の変更で大変申し訳ありません。



♪お申込み手順について♪

メールタイトルに、「ワルダクミノヒロバ予約」
本文に、「お名前」「ご参加希望の部」「人数」を記入し、送信してください。
「お名前」は、ご本名でなくて構いません。受付の管理の都合上、フリガナを付記していただけると助かります。
「ご参加希望の部」は、複数書いていただいて構いません。定員は、第1部が30名。第2部、第3部は50名となっております。
「人数」は、ご本人様含めまして2名様までとさせていただきます。またミスの防止のため、「第1部を2人、第2部を1人、第3部を2人」のように人数の変動を含むご予約はご遠慮ください。
3部全てにご参加のお客様には、特典として通し出演者(池永英介、高地真吾、近藤樹里子)のブロマイド3枚セットをお渡しいたします。
通し参加で特典をご希望の方は、お手数ですがその旨を付記していただけると助かります。

メールを受け付け後、こちらで予約内容の確認を行いメールを返信いたしましたら予約確定です。
携帯メールをご利用の方は、「@gmail.com」からのメールが受け取れるよう設定をお願いします。
ご予約は先着順となります。4月14日18時00分以降、メールが届いた順に処理をいたします。
それよりも早く届いたメールについては、翌15日以降に処理をさせていただきます。ご了承ください。
万一すでに満席となってしまった場合、その旨をメールでお伝えのうえ、キャンセル待ちとして対応致します。
ご予約のキャンセル及び変更につきましてもメールでの対応となります。

ご予約のお申し込み、キャンセル・変更のご連絡、その他お問い合わせのアドレスは
warudakumi.no.mail@gmail.com
です。


改めまして、直前の変更で申し訳ありません!
よろしくお願いします!
| 非日常 | 17:41 | comments(0) | - |
ワルダクミノヒロバ 各部概要
5月14日の主催イベント、「ワルダクミノヒロバ」の各部の詳細をお伝えいたします!

「ワルダクミノヒロバ」の会場などの情報はこちらを、ご予約方法についてはこちらをご参照ください。


♪第1部「カイドク」♪
開場 11時
開演 11時30分
定員 30名

出演
池永英介
高地真吾 近藤樹里子

高地真吾プロデュースによる謎解きゲームをメインに据えた90分。
ライブを前に仲違いしてしまったエイスケ(仮)とシンゴ(仮)とキリコ(仮)。
このままだとライブが出来ない…!
困ったシンゴは「マネージャー」や「幼馴染」など5人の知り合いに助けを求めたのでした。
もう一度音を合わせるために、皆さんの力を貸してください!

第一部「カイドク」は最大五人一組で協力して謎を解き明かしていただきます。
お一人やお二人の参加も問題ありません。(お一人でご参加の場合、最大四人の初対面の方と協力して挑んでいただくことになります)
謎解きゲームの性質上、大幅な遅刻はご参加いただけなくなる場合がございます。お気を付けください。
ゲーム終了後、クリア者の有無に関わらずいい声で謎の解説をいたします。


♪第2部「コトノハ」♪
開場 15時
開演 15時30分
定員 50名

出演
池永英介
高地真吾 近藤樹里子

ゲスト:石井由多加

ゲストに石井由多加さんを迎え、トークと言葉にまつわるミニゲームをお送りします。
ゲームの詳細は当日のお楽しみ。
4人が生み出すコトノハと一緒にのんびり楽しむ90分です。
皆さんも参加できるゲームでのプレゼントコーナーも予定しています。



♪第3部「センリツ」♪
開場 18時
開演 18時30分
定員 50名

出演
池永英介
高地真吾 近藤樹里子

ゲスト:都倉伶奈

ゲストに都倉伶奈さんを迎え、トークとアンプラグドでのミニライブをお送りします。
曲目は当日のお楽しみ。
4人奏でるセンリツと一緒にのんびり楽しむ90分です。
皆さんも参加できるゲームでのプレゼントコーナーも予定しています。
| 非日常 | 18:05 | comments(0) | - |
5月14日イベント詳細!

5月14日に開催する、初の主催イベントについて続報です!


池永英介主催イベント
「ワルダクミノヒロバ」

池永英介とゲストでお送りするトークと「ナニカ」のイベント。
皆様に楽しんでいただくワルダクミをたくさん詰め込んだ各90分!
終演後には、ツーショットチェキの撮影会も行います!


♪会場♪
チェレステ・スタジオ松濤
東京都渋谷区松濤1丁目8−16 アトラス松濤 3階
http://musica-celeste.com/access
(入場の際に靴をお脱ぎいただきます。ご了承ください。)


♪日時・出演者♪
2016年5月14日(土)

第1部「カイドク」
11時30分開演 定員30名 
出演:池永英介/高地真吾 近藤樹里子

第2部「コトノハ」
15時30分開演 定員50名
出演:池永英介/高地真吾 近藤樹里子/石井由多加

第3部「センリツ」
18時30分開演 定員50名
出演:池永英介/高地真吾 近藤樹里子/都倉伶奈

各部の概要はこちらをご参照ください。

♪料金♪
入場料 各部3,000円
ツーショットチェキ 1,000円

チケットは全て当日精算となります。
予約開始は4月14日(木)19時を予定しております。(4月14日19時に、予約フォームのアドレスを公開いたします)
上記変更しました。下記リンクから詳細をご確認ください。
第1部〜第3部全てご参加のお客様には、特典をご用意いたします。
ツーショットチェキ券は、開演前と終演後に受付にて販売いたします。

ご予約方法について詳細はこちらをご覧ください。

ご不明点、お問い合わせは以下のアドレスまでお願いいたします。
warudakumi.no.mail@gmail.com


各部の内容の詳細や、特典の内容などは続報をお待ちください!

| 非日常 | 21:45 | comments(0) | - |
アルティメット人狼3
5月6日に、「アルティメット人狼3」というイベントに出演してきました!

ゲームクリエイターや将棋棋士、それに各界の著名な方々で人狼プレイするこのイベント。
人狼TLPT代表の一人として参加させていただきました。
「3」とある通り3回目のイベントな訳ですが、過去2回はお手伝いとして参加。
今回初参戦で、かつてないほどの緊張で本番を迎えました。

参戦メンバーなんかはサイト( http://www.famitsu.com/news/201505/01078020.html )を見ていただくとわかるんですが…

もう震えが止まらないですよ!
子供の頃からゲームが大好きで、最近は電源ゲームから少し遠ざかってるもののそんな僕でも知ってる超有名タイトルのクリエイターの皆様とか!
知の天才集団であるプロ棋士の皆様とか!
勝間和代さん、堀江貴文さん、堀井雄二さんのレジェンドゲストの皆様とか!

こんなすごいメンツと同じ舞台に立つなんて、正直想像してませんでしたよ。
人狼TLPTで頑張ってきて本当によかった…!


昼回の出演者。
レジェンド3人は真っ黒でした!
1ゲーム目、僕と堀井さんがツーショットで舞台に立ってたり、
2ゲーム目、堀江さんと霊媒師対決をしたり、
狂人予言者の勝間さんに「ダンカンさん人狼!」って言われたり、
推理で堀井さんに辿り着いて投票して勝ったりともー盛りだくさん。


霊媒対決の二人で写真を撮ったり、


ドラクエの神様と現役プランナーのお二人に挟まれたりとはしゃぎまくりな僕です。



そして夜回の出演者。
2ゲームともとても面白く、特に1ゲーム目は神回と言えるくらいすごかったです!
僕最初に死んだけど!悔しい!!


棋士の皆様は本当に気さくで、謙虚で、そして聡明!
ご本人たちにお会いする前から漠然とした憧れがありましたが、お会いして戦って益々憧れてしまいます。


信じられないくらい幸せな一日。
せっかくの出会いと縁を次につなげられるように頑張らねば。

たくさんのご来場、ご視聴ありがとうございました!

| 非日常 | 23:22 | comments(0) | - |
大阪WSツアー


2月3日から6日までの4日間、アトリエ公演の稽古をお休みさせていただいて大阪に行ってきました!
目的は、小学校でのワークショップ。
5年生3クラスに4回ずつの授業でした。

今回僕はプランナーでありチーフファシリテーター。
でも、東京在住なので打ち合わせなどはアシスタントに入ってくれる大阪劇団員に任せ…不安!
他にも、大阪の子供たちのテンションってどうなんだろうとか、いつもは3回ワンセットのプログラムばかりで4回って初めてとか、たくさんの不安を抱えて大阪に入りました。

手前味噌ですが、ワークショップは成功!
課題や反省点はもちろんあるけれど、子供たちも先生方も喜んでくれて本当に充実した時間になりました。

アシスタントに入ってくれた、大阪劇団員のみもっち、みやけさん、まさひろ、ありがとう!


昨日の夜帰京し、今日も稽古に行く前に一件中学校でのワークショップに行かせていただいて、これであとはアトリエ公演に専念できる!
さあ、まだまだ面白くするぞ!
| 非日常 | 23:52 | comments(0) | - |
先生期間終了
都内中学校でのワークショップ、今日で全日程が終了しました。
今回は4クラスに4時間ずつけい16コマが一週間あまりの中に詰まっているという、僕が経験した数少ない中では最も過密なスケジュール!
でも、「また明日」っていうのは新鮮だしいい感覚だなと実感しました。

ファシリテーターもチームで行きましたが、お互いがフォローしつつ産まれたてのプログラムを育てていけました。
おかげで良いプログラムになったかな。
もっと色んな所で実践してみたいなー。ファシリテーターめっちゃ大変なメニューだけど(^^;;

さて、これで本年中の先生のお仕事は終了。
人狼モードに頭を切り替えます!
とりあえずハイラム!
やっぱりデイジー!
だからこそメイソン!
| 非日常 | 21:50 | comments(0) | - |
先生期間
昨日から、都内の某中学校でコミュニケーション学習の授業をしてます。

彼らは、僕の芝居を観に来てくれるお客さんたちとは根本的に人種が違います。
彼らのほとんどは芝居を観たこともなければ観たいとも思っていません。
もちろん僕らも芝居をしに行っているわけではないのですが、僕らの話を聞いてもらったりやることを見てもらうことに必ずしも協力的ではありません。そして、それは悪いことでは全然ないのです。
だからこそ、僕らは色々考えるし追究できる。
芝居の現場とはまた違った角度で自分を試される場です。

明日以降もまだまだ続きます!
楽しむ!楽しませる!
頑張るぞ!
| 非日常 | 23:43 | comments(0) | - |