CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
演者・池永英介の日常&非日常メモ
人狼TLPT X 予言者育成学園
昨年リリースされ一周年を迎えたスマホゲーム、「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」。
プライベートで遊んでいてPR動画にも出演させていただいたゲームの一周年イベントで人狼TLPTを上演いたしました!
ゲームの世界とがっつりコラボしたこの演目の演出をやらせていただいて、大変だったけど幸せな経験をさせていただきました。


PR動画に出演していたメンバーを中心に集まった13人がFTAの生徒に扮し、人狼を探す戦いが始まります。


僕は戦いには参加せず、FTAの教師として進行役をつとめました。


人狼TLPTファンの方にFTAの楽しさを、FTAプレイヤーの皆様に人狼TLPTの楽しさを知っていただくためにはどうしたらいいだろう。
構成や設定にも関わらせていただいて、知恵を絞らせてもらいました。

イベントの一部ということで色々と苦労もありましたが、その甲斐もあって好評をいただき嬉しい限り。
「一回だけで終わらせるのがもったいない」と言ってもらうことが陰の目標だったのですが、それは達成できたかなと思います。
公演実現しないかなー。

少ない稽古時間で、キャストにもたくさん助けてもらいました。
称号や持ちアルカナからこんなに色とりどりのキャラクターを産み出してくれて、本当に感謝です。


忘れちゃいけない、この人にも声で出演していただきましたよ。
動画にも出てたしね。
3月のニコファーレでの復帰が楽しみです。


二年目に突入したFTA。
これからも楽しい仕掛けが待ち受けているようです。
僕はいちユーザーとしてそれを楽しみにしつつ、一緒に盛り上げていけるように微力を尽くさせていただけたら。


プロデューサーの藤澤さんと。
一周年、おめでとうございます!
これからも楽しませていただきます!
| 人狼TLPT | 14:52 | comments(0) | - |
年末年始を終えて
終わって気が抜けたり次の仕事に没頭してたらすっかり忘れておりました。
ごめんなさい。

人狼TLPT #25 DISMISS2 〜Dazzling Darkness〜
人狼TLPT カウントダウンイベント
人狼TLPT #26 FLAG 〜裁きの神と呪われし秘宝〜

2つの公演とひとつのイベントが恙無く終了いたしました。
ちょっと振り返ってみます。



先ずはDISMISS2から。

昨年の3月に北陸公演の第二弾として上演されたDISMISSの再演。
出演兼演出助手として僕も北陸にいたものの、本番直前にインフルエンザにかかって降板となった演目です。
あのときの償いと、恩返しを。
その機会を与えてくださったことに感謝しつつ、プレッシャーもひとしおで臨みました。



僕の演じたキャラクターはこんな感じ。
前作同様、ハードロックバンド「アルバ・ルーメン」のベースボーカル「エース」でした。
つけてるアクセサリー類がちょっと変わったりもしてますが、基本的には前作通り。
担いでいるベースは僕の私物を使いました。
何年振りに担いだかなこいつ。

勝てばメジャーデビュー。
会議で処刑されても人狼に襲撃されても命は落とさない。
負けたら一生下働きの奴隷。
人狼TLPTの他の設定とは一線を画すこの設定でしか出来ないことを追い求めた7ステージ。
比較的長生きの回が多かったこともあり、沢山描かせてもらえました。


7回中6回も仲間だったゴリ。
ゴリが早死にしたあと頑張って勝ったら感謝されたり、


ゴリの頑張りを活かせず負けちゃって謝り合ったりしてました。


今公演で一番印象深かった一戦の面々。
いろんな意味で本当に熱かったな…。



途中、200回出演を達成してお祝いをしていただきました。
悔しい思いをしたDISMISSで達成できたこと後本当に嬉しいです。


メイクも前回に引き続き、サクラニワさんに手伝っていただいて完成。
ウィッグといいメイクといい、化けるのは本当に大変でした。


ということでスキンケアはいつもよりしっかりめに。
いただいたスティッチのフェイスパックと、そういえば載せてなかったかなり前から使ってるサリーのヘアターバン。
キャラが混ざってて何がなんやら…。



個性豊かなうたうたいたち。
中でも忘れてはいけないのが、


前回公演で僕の穴を埋めてくれたドリス。
前作はエースと同じアルバ・ルーメンのキーボードボーカルでしたが、今回はガールズバンド「Me☆Lucky」の「アカネ」という役で出演でした。
アルバ・ルーメンのドリスの双子の姉ということで、エースとの因縁や絆を描かせてもらったりもしました。


初演の後悔はきっと消えることはありません。
でもこの公演を経て少し、背負った荷物を糧に出来た気がします。
初演と再演に関わってくださった全てのかたへ。
改めてありがとうございました。


DISMISS千秋楽から一夜明けて大晦日。
カウントダウンイベントでお客様と一緒に年を越しました!


忙しすぎて本編中は写真が撮れなかったのですが、
メイソン企画に駆り出されてクリスの手にやたらキスをしたり、
エスター企画で大工デュークの衣裳を着たり、
デイジー企画で走り回ったり、
僕の企画のドラフト会議で個性豊かな村を作ってもらったり、
歌ったり遊んだりしてました。
楽しかったなー。

みんなでカウントダウンをして、12時を回ると2017年!
ついでにデュークの誕生日。
ということで、

誕生日プレゼントをあげてみました。
いつも小道具で使ってるやつ、100均とかですぐ壊してたからね。
ちゃんとしたやつあげようと思ったら想像より高くてびっくりしたけど、思い付いちゃったから後に引けなかったよね。
くそぅ。


数日間のインターバルを挟んで、1月6日からは新演目!
旗のもとに集った海賊たちが、夜な夜な人を喰ってしまう呪いにかけられた仲間を探す戦い。FLAG。


僕は「翻訳家ダンカン」として出演しました。
手に入れた財宝や書物を読み解くだけでなく、立ち寄った港や出会った船との外交や交易を担うということでちょっと小綺麗な格好。
男性だけのインディゴステージ、女性だけのロゼステージが用意されていたのでシングルキャストが一人もいない公演でした。


僕と同じく翻訳家を演じたのはエスター。
共演できなかったのは残念だけど、プレビュー公演から人狼TLPTの華であり続けるエスターの背中を任せてもらったのは本当に光栄でした。


第1ステージ、色々あったせいでこの公演中ずっと「魔王」と呼ばれることに。



折角なので、魔王感出してみました。


死ぬほど悔しかったけど死ぬほど楽しかった、この三人での腹の探り合いがあったり、


同期デビューのジンジャーとガッチリ噛み合った回があったりといろんな展開がありました。

新演目・新設定ということで、各々やりたいことを沢山用意した公演。
僕が用意したことは、出来たものもありやるチャンスに恵まれなかったこともあり。
「人狼があくまで本人のまま、自分の意思に反して仲間を食い殺してしまう」というキモをどこまで活かせたかなぁ。
皆様に届いていたら嬉しいです。

一緒に写真を撮れなかったけど、演出の永石匠くんは人狼TLPTの中でも屈指のプレイヤーでドラマメーカー。
その彼が演出に専念し、彼のやりたいことを根気強く丁寧に僕らに伝えてくれました。
お陰で僕たちには確かな手応えがありますし、きっと皆様もなにかを受け取ってくれたと信じています。


細かく振り替えると止まらないので、この辺で。
この2つの演目が、5年目に入った人狼TLPTの幕開けでした。
今後に待っているであろうさらに素晴らしい物語に出会うため、願わくばそれに板の上で出会えるように、変わらず精進していきます。


年末年始公演、応援ありがとうございました!!
| 人狼TLPT | 23:35 | comments(0) | - |
10月2週間のあれこれ
人狼TLPT四周年記念公演が終演し、その間の事を色々と書いてみたいと思います。


人狼TLPT四周年記念公演 #24 VILLAGE12。
ナンバリングも大変な数になってきた。
今公演の最大の目玉は、二種類のアナザーステージ。
僕個人としては一昨年の春以来のアナザーステージでした。


僕の出演した、Aチームの面々。
アリア、アリスンという二人の妹。
アリアの恋人のムサシ。
お互いに気になっているものの一歩を踏み出せない同士のデイジーと、その弟のパリス。
親友のノエル。
僕に淡い想いを寄せるパンジー。
その叔父のデュークと、同じく年長組のパトリック。
パトリックの娘のキャロルに、幼馴染みのテイラー。テイラーの離れに居候のジンジャー。
そしてついに具現化した村の子供のナナと、村長のフランク。
誰も死んでほしくない村。でも必ず誰かが死ぬ村。
本当に大切な、大切な村になりました。




13日にアナザーステージが開幕して、翌日には別現場へ。
ドワンゴ主催の「みんなでリアルRPG クトゥルフ神話 〜海底都市ルルイエの冒険〜」というイベントに出演してきました。
TRPGのようなゲームブックのようなシステムのゲームを、会場に集まる100人で同時に遊ぶという企画。

ニコファーレの360度スクリーンや生放送でのARといったデジタル技術と、実際にサイコロを振るといったアナログ要素が混在するイベントのゲームマスターとして参加したのでした。
2日間開催で初日の15日は僕が、2日目の16日は人狼TLPTのプロデューサー桜庭未那さんがGMを務めました。
TRPG大好きな僕としては本当に楽しい仕事で、こ来場の皆様も生放送をご覧いただいた皆様も楽しんでくれたみたいで本当に嬉しかった!
またやりたい!
そしてプレイヤーとして参加もしたい!


週が明けて、人狼TLPT四周年記念公演はアナザー以外の演目も始まりました。
僕が最初に出たのは…

昨年も出ました、プリンセスステージ!
13人の男性キャストが本気の女装でお送りする、王子の花嫁の座を賭けた戦い。「プリンセス」の名を冠するのはいったい誰なのか…。
企画としても、人狼ゲームとしても、ドラマとしても盛り上がったいい回になりました!

去年とは装いも変わったダンカン姫。
年に一回くらいはこういうのも楽しいかな。


役者としては出番のなかった20日。
場当たりのお手伝いで劇場に行くと…

誕生日を祝っていただきました!

この日100ステージを迎えるバーバラ役の瀬川ももえさんも一緒に、劇場にいた色んな方に祝ってもらえて幸せでした。



人狼ジャンキーステージでは2ゲームやって、1ゲーム目のMVPをいただきました。
2ゲーム目のMVPのマドックと。
この人とMVPを取り合えたことがなんとも嬉しい。



千秋楽は、これまた1年ぶりの学園ステージ。
生徒会長段間英介くんとして参戦。
今回生徒会メンバーが増えたんですが…

なぜかこんなことに。
風紀委員の江洲谷加奈子さんと庶務の拝邑拓郎。
なんでこんなことになったのかは秘密ということで。

そんなこんなで四周年記念公演は終演しました。
増え続けるルーキー、成長著しい中堅、復権に燃えるブランク組と、存在感を見せ付け続けるベテラン。
群雄割拠の五年目が始まります。
次回公演は年末年始。お楽しみに!


そして、そんななか新しい情報が解禁されました。
去年、一昨年と上演してきた体験型アトラクション公演「WAR→P!」を今年も11月上演します!
しかも今回は、ナンジャタウンとのコラボレーション!!
新しい試みに本当にドキドキが止まりません。
http://www.namco.co.jp/tp/namja/NEWS/info/2016102001.html
詳しくはまた。



来月は主催イベントの「ワルダクミノヒロバ」も控えてるし、まだまだ忙しくなりそうです。
それまでの束の間でしっかり休息とインプットせねば。
| 人狼TLPT | 12:09 | comments(0) | - |
SUMMER RUSHを終えて
人狼TLPT SUMMER RUSH 2016、無事に終演いたしました。
三演目連続上演で、三演目とも出演し、二演目に演出助手としても参加しました。
稽古と本番合わせて五週間。
濃密でした。


○ラグナロクステージの話

神々の黄昏、ラグナロク。
人狼と数多の戦いを潜り抜けてきた百戦錬磨の魂による頂上決戦。
人狼TLPT、100ステージ出演を越えたキャスト13人によるステージでした。

こんな神々しい衣裳ですが、イベント感満載の楽しい2ステージになりましたよ。
キャシー役の都倉伶奈さんが本番中に妊婦COをするというハプニングもありました。

安産を願って一枚。
ご懐妊のことは実は結構以前から知ってまして、5月の「ワルダクミノヒロバ」第3部でプレゼントした歌はその事もあってチョイスしたのでした。
レイニー、本当におめでとう。

この13人は、間違いなく人狼TLPTを支えてきたメンバー。
そして支えていくであろうメンバー。
この13人が同じ板に立つことはしばらくは難しいかもしれないけど、いつかまた実現することを願ってやみません。


○X 宇宙兄弟の話
原作が大好きすぎて、信じるのにしばらく時間がかかった演目でした。
既存の原作キャラクターがそのまま出演するという人狼TLPT初の試み。
原作キャラに配役された面々の苦労は並々ならぬものでしたが、羨ましくも思いました。




舞台版オリジナルキャラにはモチーフとなる原作キャラがいたりいなかったりするのですが、僕が演じた入江基長は結構モチーフがはっきりしていました。
しっかり参考にしつつ、彼が原作中で出来なかった成長が出来たら。
そんな思いで演じていました。
ゲーム展開の妙もありましたが、それが描けたと感じられる回が確かにあって満足しています。
またこの世界に生きたい。
そう強く願っています。


○村公演の話
半年ぶりの村公演。
一年ぶりの神父クリスの帰還。
レイクス佐々木さんの村公演初演出。
2年ぶりのチャレンジステージ。
ゴリラの入荷。
楽しみが多い村でした。

ゲームとしては勝ったり負けたりでしたが、久し振りの村なので久し振りのことをたくさんしようと思い、こいつらを再登場させましたよ。

楽団長と、

盗賊団長。
盗賊団長はついに子分が登場したり、エンディングで盗みを働いたりと暴れてました。


もう定番化してきたダンデジ夫婦は千秋楽にやってみました。
先に逝っちゃってごめんね。
写真撮れなかったけど、初日は強気の団長とデュークが旧友という設定にもチャレンジしましたよ。
楽しかったなー。



次回公演は10月。村公演。
しばらく空きますが、またお付き合いくださいませ。





今回のカーテンコールでも言ったのですが…

このコンテンツがこうして動けているのは皆様のおかげ。
皆様に感謝していますし、本当に大好きなんです。
皆様にもっと楽しんでいただけるよう、出演者としても一個人としても力を尽くさせてください。
これからもよろしくお願いします。
| 人狼TLPT | 22:03 | comments(0) | - |
開幕前夜に
前回投稿してから約二ヶ月もたってしまいました。
その間、前回の投稿でお知らせしたアルティメット人狼、人狼TLPTナンジャタウンステージなどありまして、
いよいよ明日からSUMMER RUSHが開幕です。


アルティメット人狼で久しぶりに人狼ゲームをやりまして、その難しさも楽しさも再認識できました。
ナンジャタウンステージではお客様がより参加できる試みが満載で、新しい発見をいくつもできました。

そしてSUMMER RUSH。
三演目連続公演ということで、いつも以上に忙しい稽古場でした。
苦労した甲斐あって、いいものが作れたはず。
あまり多くは語らず、板に乗せるのをただ楽しみにすることにします。

暑い中劇場まで足を運んでくださる予定の皆様。
ニコ生配信で見届けてくださる皆様。
熱中症などにくれぐれもお気をつけて。
そして、僕もこの長い二週間を乗りきれるよう、力を貸してください。

さぁ、駆け抜けるぞ!



公演順にビジュアルを紹介。


20日(水)・21日(木)
人狼TLPT ラグナロクステージ
叡智の勇者ダンカン



22日(金)〜24日(日)
人狼TLPT X 宇宙兄弟
入江基長



26日(火)〜31日(日)
人狼TLPT #23 VILLAGE11 青嵐に惑う村
団長ダンカン
| 人狼TLPT | 23:12 | comments(0) | - |
北陸での出来事
人狼TLPT北陸公演第2弾で石川へ遠征してきました。

昨年12月は博多。
先月はさぬきと遠征が続きます。
劇団の巡回公演に携わっていた頃を思い出しますが、大変さの種類が違うので慣れっことはいきません。

北陸公演は、一昨年の11月以来の2回目。
北陸Pや現地キャストたちの真摯な努力と、お客様の熱い想いに支えられて一年半越しで実現しました。
前回は村公演でしたが、今回は会場がライブハウスということもあり、新設定!
行き場を追われた13人のミュージシャンの、再起を賭けた戦いでした。



僕はというと、こんな感じ。
代わり映えしませんね。
あ、でも新しい名前をいただいたのでそこは新感覚でしたよ!
ロックバンド「アルバ・ルーメン」のベースボーカル「エース」という役でした。
OPもEDも歌で彩られた、歌うたいたちの戦い。
13人中8人は現地のキャストで、東京からは5人のみという配分も刺激的で、どんな物語が生まれるか本当にわくわくしていました。



が、本番の前日にまさかのダウン…。

稽古に合流した翌朝からずっと喉が痛く、
「ホテル乾燥してたからなぁ」と、喉のケアにばかり気を揉んでいました。
何度熱を測っても平熱だったので、風邪の心配はなさそうだと安心もしていました。
しかし一向によくならず、日が経つにつれて身体がだるくなっていき…。
ついに微熱が出始めたところで観念して病院へ。
「風邪かなぁ。それとも咽頭炎みたいなものかなぁ」と気楽に構えていたところ、「インフルエンザB型」と診断されました。


一瞬頭が真っ白になりまして、次の瞬間には本番中もかくやというくらいの高速回転。
今発症して、明日の本番に間に合う?
むしろ隠してただの風邪で押しきる?
いや、それでキャストやお客さんに蔓延したら…
明日から4日間で本番終わるまでだったらうつしても潜伏期間でバレないかも…
そもそも既にカンパニーにはうつしてるんじゃ…
桜庭Pが今月頭にかかったのってA型だっけ?ってことは桜庭Pにもうつしてるかも?
え?


身勝手で邪な考えが浮かんでは消え、腹をくくって北陸の辻Pと桜庭Pと演出の佐々木さんに報告。
降板の運びとなりました。


長いこと芝居をやって来て、体調不良で穴を開けたのは記憶にありません。
危なかったことは何度かありますし、負傷をおして出演を強行したこともあります。
長くやっていればいつかぶつかってしまうことなのかもしれないけど、本当に、かつてないほどショックでした。

東京から急遽ドリスとデイジーが駆けつけてくれて、僕が空けた穴を充分すぎるほど補ってくれました。
僕が出られなくなったことで、他のキャストたちもなんとか穴を埋めようと必死に盛り上げてくれました。
結果的に、いい公演だったと思います。
演出助手としては満足もしていますが、役者としてはいまだに申し訳ない想いでいっぱいです。

きっと僕の出演を楽しみにしてくださっていた方もいて、
もしかしたら僕が出演するからという理由でスケジュールを空けてくださった方もいるかもしれない。
そんな皆様に、本当に申し訳ないことをしました。

インフルエンザじゃしょうがない。
どんなに気を付けてもかかるときはかかる。
今はゆっくり休んで。
いろんな人がそう言ってくださいました。
でも、そういうことも含めて体調管理も役者の仕事。
板の上の事ばかり考えていても足りないと痛感しました。





楽日には外出が解禁になりました。
桜庭さんのご厚意で、千秋楽のカーテンコールに「エース」として登場させていただきました。
有り難いやら気恥ずかしいやら申し訳ないやら、あんなに複雑な気持ちで舞台に立ったのも初めてのことです。
でも、板に乗ってライトを浴びた瞬間、
お客様の姿を見た瞬間、
ここに来てよかったと思えました。
そして、必ず北陸にリベンジに来ようと誓いました。

がっかりさせてしまった埋め合わせは、これからの活動で必ずします。
何をすれば埋め合わせができるのか、ずっと探し続けます。
こんな不義理をしてしまったのに言えた立場じゃないですが、これからも応援していただけたら嬉しいです。



しばらくはゆっくりスケジュール。
体調整えつつ、次の準備をしなくっちゃ。
| 人狼TLPT | 13:07 | comments(0) | - |
さぬきにて、ダンカンの部屋
すっかり遅くなってしまいましたが、2月は人狼TLPTの仕事でさぬきに行ってきました。
昨年に引き続き、さぬき映画祭への参加。
昨年はMISSIONのビギニングステージ演出もあり参加できず残念でしたが、今年は連れていってもらえました!
やっほーい♪

さぬき映画祭ということもあり、スペシャルステージでのゲストが豪華!


博多も一緒にやった、お馴染みの堀江貴文さん
アルティメット人狼以来の有村昆さん
サイコパスの制作会社であるプロダクションI.Gの郡司幹雄さん
DEPTH2で演出をしてくださった佐々木智広さん
そして延岡でのアルティメットに参加してくださった辰巳琢郎さん!

食いしん坊万歳も、浅見光彦シリーズも見てたのでお会いできて本当に嬉しかった。
未だに実感わきませんが(^_^;)

急遽体調を崩してしまったイシイジロウさんのピンチヒッターで、
たまたま観に来てたデヴィッド溝口くんとアニメサイコパスの監督である塩谷尚良さんも参加してくれて、大盛り上がり!
いいスタートが切れました。



さて、本編はというと…
昨年のさぬきではDEPTHという新しい演目がお目見えした訳ですが、今年もさぬきは新演目!
演目タイトルは、「The Room」!
今回僕はプレイヤーではなく、進行役として参加しました。
人狼TLPTの公演にゲームをせずに関わるの初めてだー。

自分の力では到底叶えられないような大きな願いを叶えるために、命を懸けたゲームに挑む数多のプレイヤー。
先ずは体験会にプレイヤーもしくはゲームマスターとして参加し、その中から13人が本戦に出場。
勝利した陣営は全員、願いを叶えてもらえる。
敗北した陣営は、全員命を落とす。

という世界観。
体験会と本編が繋がっているせいか、体験会で同じテーブルにいたキャストを応援したくなるらしく新感覚の設定でした。
僕はというと、そんな命を懸けたゲームの進行役。



こんな感じでした。
彼にも隠されたストーリーがあるようで…。



本広監督や行定監督といった巨匠ともお話ができたし、得るものが本当に大きかった公演でした!
またさぬきにも来たいし、またRoomもやりたいし、ここで生まれたご縁が繋がってほしい!


さぁ、ブログを怠けてる間にもう北陸公演の稽古が始まります。
久しぶりのプレイヤー。
頑張らねば!
| 人狼TLPT | 09:25 | comments(0) | - |
究極と深海
年明け早々から稽古に入り、つい先日終演いたしました。
「人狼TLPT #22 DEPTH2 贖罪の海〜SPIRAL〜」

その本番の直前に、アルティメット人狼5というイベントもありましたので併せて振り返ってみます。


今回のDEPTH公演は、昨年の2月にさぬき映画祭に参加した作品の再演。
深海に作られた特殊研究施設「マグメル」が舞台です。
減少しつつある地上の人類を救おうと、人狼や人魚といった亜人種を研究している科学者たち。
一概に「人間=善」「人狼=悪」と言い切れない後味の悪さが特徴のひとつで、初演に出ていなかった僕としてはやってみたくてしょうがない作品でした。

今回演出に佐々木智広さんを迎えたり、ナレーションを佐々木愛さん、橋詰知久さんという本職の声優さんにお願いしたりと公演としても新たなチャレンジがたくさん。
演出の佐々木さんは吉谷さんとも旧知の仲で、マドック松崎史也さんの師匠。
出演と共に演出助手として参加して、本当にたくさんのことを学べました。


2週間の稽古でガッツリ深海モードになったと思ったら、本番二日前に一旦水揚げされて団長ダンカンとしてアルティメット人狼に出演!(笑)
会場を新宿のFACEに移し規模も拡大!

ゲームクリエイターの皆様、将棋棋士の皆様と手練れの揃う第二部へ出演させていただきました!

その一戦目、アルティメットで初の人狼のカードを引き、目を開けると…

まさかのこの3人!!
本番はおろか、稽古でもこの3人で人狼をやった覚えがありません。
笑いを堪えるのに必死でした。

ゲームも白熱!
僕が予言者、マドックが霊媒師として名乗り出てがっつり対立。
最終的にはメイソンが狩人として名乗り出て、本物の狩人デイジーに競り勝ち人狼勝利!
いい回になりました!


ちなみに狂人は女流棋士の香川さん。
素晴らしい働きでした!


二戦目も人狼を引いた僕はここでも予言者として名乗り出て処刑され、残った仲間の中田さん、伊藤さんが踏ん張ってくれたもののギリギリで敗北。
面白かったけど悔しい!


第一部に出演していた女流雀士の大崎プロことヒルダ。
僕と同じ席だったのですが、この席は一日中ずっと狼でした。


その2日後に開幕のDEPTH。
村の団長から、一気に6000メートル潜ってマグメルのドクターBへ。




こんなやつでした。
暗そう!
なんかウサギ持ってるし!

ゲームもドラマも色んなことに挑戦できた全9回。
純粋に楽しかった。



サミーこと加藤靖久さんの100回出演記念ステージに立てたのも嬉しかった!
ドリス森本未来さん、キャシー都倉怜奈さんの200回出演ステージにもちょっとお邪魔できたし。
かちょさん、ドリ、キャシ、おめでとうございます!


ドクターBのダンカンは、ゲームのスタンスとしてもドラマの内容としても僕にとってはとても挑戦の多い役でした。
僕の価値観に照らしての「幸せ」に彼を導くことはきっと出来ないんだろうけど、彼なりの「幸せ」に辿り着かせてやりたい。
そんな思いで戦っていました。
9回中4回もエンディングに立たせていただけたこともあり、ひとつの決着は見せられたと思います。
それが彼にとっていいことなのかは本当にわかりませんし、わからない方がいいような気もしています。
ただ、僕は満足です。




同じ肩書きドクターBのノエルと。
二人の天才は、似て非なる孤独を抱えて戦い、きっと全く違う場所に辿り着いたことでしょう。
それぞれの千秋楽でMVPをいただけたのは嬉しい偶然。



ご来場、ご視聴本当にありがとうございました!
| 人狼TLPT | 00:58 | comments(0) | - |
人狼TLPT サテライトSP
去る27日日曜日で、「人狼TLPT サテライトSP」の公演が終了しました。

地方公演としては5つ目、サテライトとしては二つ目。
そして人狼TLPT4年目の1つ目の公演。
出演と演出で参加できたことが本当に嬉しいです。



開幕は、豪華ゲストのスペシャルステージから。
共同主催の堀江貴文さん、
HKT48から兒玉遥さん、宮脇咲良さん、田島芽瑠さん、神志那結衣さん、
RKB毎日放送のアナウンサー、田中みずきさん、佐藤巧さん、
ミスター九州大学の副島和樹さん。
豪華すぎるだろ!
おかげで注目度は十分。
あとは面白いものを見せつけるだけ、と気合いが入ります。
ゲームとしては、HKTな人狼陣営に完敗でしたが楽しかった!
ゲストの皆様も楽しんでくれたようでなによりでした。
またご縁が繋がったらいいな。

翌日から通常ステージの開幕。
全11回紡がれた「たった一度の物語」は、演出の贔屓目かも知れないけどどれも本当に面白かった!
13の出演枠に、今回の出演者は15人。
いつもその倍くらいのキャストが入れ替わり立ち替わりで出演していますが、今回はほぼ固定メンバー。
入れ替わることのいい点ももちろんあるんですが、今回は稽古の段階から「固定メンバーのよさ」をいかに出すかをみんなで追求していました。
初めての土地で、初めての劇場で、いろいろとトラブルもあったけど、これだけ完成度の高い村公演はなかったんじゃないかと思います。
自画自賛です。異論は認めますが石を投げないでください。

僕自身のことで言うと、「自分が出てない面白い回」がこんなに嬉しかったのは初めてです。
役者としての自己主張よりも、演出家としての達成感が勝ったのかもしれません。
新しい感覚。これからの活動に活かせるかな。


通常ステージの合間にトークイベントがあったのも楽しかった!
赤裸々トーク。今思い返すとやり過ぎた感もありますが反省はしていません。
だって楽しかったもの。


新しいお客さんと出会えたこと。
新しい仲間になってくれそうな方々と出会えたこと。
新しい自分に出会えたこと。
本当に嬉しい出会いばかりの公演でした。
この出会いも、いつも応援してくれている皆様のお陰。
本当にありがとうございます。
2015年の締め括りとしてこの公演に関われたことを本当に幸せに思います。

ご来場いただいた皆様も、
ニコ生で視聴していただいた皆様も、
そのどちらも叶わず念を飛ばしていてくれた皆様も、本当にありがとうございます!
人狼TLPTはまだまだ上を目指せる。
その真ん中に近い位置でこれからも走っていけますように。

| 人狼TLPT | 15:21 | comments(0) | - |
いざ博多へ
明後日12月22日より、人狼TLPTの福岡公演が始まります。
「サテライト」という新たなシリーズが立ち上がって二作品目。
人狼TLPTとしては大阪、北陸、香川、大阪に続き五回目の地方公演。
僕としては北陸、大阪に続いて三度目の人狼遠征となります。

今回は出演もする傍ら、演出としても参加しています。
去年12月の「雪の花咲ける村」、今年の2月「MISSION2」のビギニングステージに続いてこれまた三度目の人狼演出になるのかな。
四年目に突入した人狼TLPT、その一本目の演出を任せていただいたことに大きな責任を感じているのですが、不思議と落ち着いているのが正直なところ。


福岡という土地は、多分人生で二回目の訪問。
一回目は「最遊記」で巡回公演をしていた頃に一泊。
確か福岡での公演そのものはなく熊本や長崎での公演の移動経路で通っただけだったと思います。
ひまわりには博多にも支社がありますが、在団中は残念ながら一緒にお仕事をするご縁がありませんでした。

「九州」というくくりに広げると、母方の実家が鹿児島なのでちょっぴり親近感。
北と南の端同士だから全然近くないんですけどね。
その鹿児島だって数回しか行ったことがありません。
西田敏行さん演じる西郷隆盛と、母の実家からたまに届くかるかんが僕の鹿児島のイメージ。猫まっしぐらじゃないですよ。

それだけ縁遠い土地なので、お客さんの空気感もどんなものが好まれるのかもわかりません。
劇場環境、気候、食べ物、不安なことはいくつもあります。
それでも絶対楽しんでもらえる。なぜかその確信だけは揺るがないんです。
13の席に、出演者は15人。
つまりほぼ固定のメンバーで、稽古も濃密な状態で出来ました。
メンバーも選りすぐりの面々で、ゲームもドラマも盛り上がるのが目に浮かびます。
僕だけが作るものなら不安でたまらなかったと思うけど、信頼出来る14人がいる。
「あ、これ絶対面白いわ」と稽古中に確信できたからこそ、出発前にブログを書く気になるくらい落ち着いてるんだと思います。

全11ステージに、びっくりするレベルの豪華ゲストの出演するスペシャルステージ。のんびり楽しむイベントステージ。
頼れる仲間、ノエル永石匠君の出演100ステージ。
どれも本当に楽しみ。

「現地で」の皆様も、「パソコンの前で」の皆様も、やっと会えますね。

いざ博多へ。
行ってきます。









(福岡空港にかるかん売ってるかな)

(ないか。鹿児島遠いもんな)
| 人狼TLPT | 23:36 | comments(3) | - |